8/9 2009航空祭【航空自衛隊千歳基地】 その2

さて、午後のメインと言えばブルーインパルス……なのだが…なんと、半分終えたところで第一区分中止。
どうやら、空域に雲の低い部分があって曲技飛行後のジョインアップ(バラけた飛行機が編隊に合流すること)が出来ないためだった模様。こればかりは仕方ないが、離陸から始まってレター8までやって、後は第5区分でした。

画像
画像
最前列の楽しみはウォークダウン(離陸するための手順をショー的に魅せるもの)の儀式が間近で見られること。
退屈とか言っちゃダメです。パイロットと整備士のやり取りをじっくり見ましょう。

画像
キャノピー閉じて、着陸灯を点灯したらいよいよタクシーアウト。

画像
画像
画像
結構、手振ってくれます。ここ、地味に一体感を味わう瞬間だったりします。

画像
いってらっしゃい!

画像
テイクオフ前のスモークチェック

画像
因みにスモークは、このノズルからスピンドルオイルを噴射して、それが排気に引火して煙になるという仕組みだす。

画像
ダイヤモンド・テイクオフ・ダーティーターン(ダイヤモンド編隊で離陸して、車輪を出したまま旋回してくること)

画像
頭上通過

画像
序盤の華『ファンブイク』。結構近いですよ。

画像
こんな感じです。
※天気悪いんで、今年は編隊撮らずに少し寄ってみました。

画像
チェンジ・オーバー・ターンを開始した1、2番機。

画像
今年は妙に近いトコを周っていた気がする。おかげで距離感が変で構図がおかしいです(笑

画像
5番機のソロ

画像
チェンジ・オーバー・ザ・ループの入り

画像
客の前でダイヤモンド編隊に移行してから大きなループ。頭切れちったよ……

画像
ハーフ・スローロール途中の5、6番機。この後、別の4機がレター8という演技をするのだが、その4機にこの2機が合流出来ないため曲技中止に…

この後、別所で合流した機は、6機編隊て観客の上を飛んでお茶濁し。
まあ、初めての人なら充分楽しめたと思います。
ただ、ファンブレイクやチェンジオーバーターンで歓声が上がっていたくらい初見の方が多かったので、この後のブルーが世界に誇る怒涛の”お絵かき”(☆やハート)や、ボントンロール(6機がデルタ編隊で進入してきて、客の前で全機同時にロールする。決まるとカコイイー。)、タッククロス(客の前で2機が2度交差)やコークスクリュー(1機の周りをもう1機がクルクル回る)見たら絶対に病みつきになったろうな…と、ちと残念。

画像
オチは、6番機のゴーアラウンド。
前詰めすぎたのかな…


というわけで怒涛の航空祭もオシマイ。
しかしここからが本番で、隊員に地引網されるまで、各飛行機の帰投を見届けるのが航空祭。

と言うわけで、次は秋に会いましょう!

画像
画像
画像
画像
画像
みんなバイバ~イ。また来年!


【おまけ】
秋はこれ。休暇は取る。異論は認めない(笑
画像

この記事へのコメント

shimoyan
2009年08月19日 07:40
当方も10月は休暇取る。
所属課で3人は休むのではないかと。
が、異論は受け付けません。

この記事へのトラックバック