【2017】冬季アジア ジャンプLH団体

2月25日(土)冬季アジア大会のスキージャンプラージヒル団体が、大倉山で行われました。

画像


最初は、アレ?っと思いましたが、いざ競技が始まると、あまり見ないくらいの観客が来場していました。
画像



競技は、韓国・カザフスタン・日本・中国の順番で4組が飛んでゆき、最終的に全員のポイント総得点が多かった国が優勝ですが、結果はと言うと「日本」の圧勝でした。
というかむしろ圧勝してくれないと…と思いましたが、悪天候の中、バンバン飛んでくれました。

画像
まあ、こんな天気だったわけですが…

画像
トップは、岩佐勇研(札幌日大高校)

画像
2番手は、佐藤幸椰(雪印メグミルク)

画像
3番手は、中村直幹(東海大学)

画像
トリは、伊藤将充(土屋ホーム)

※画像が明るい2人は、試技のときの写真です。なんせ雪が凄くて……

画像

画像

画像

画像

2本目もキッチリとみんな飛んできて、2位に大差の圧勝でした。

青野さんも言ってたけど、次代を担う若手がキッチリと結果を出してくれて安心しました。

画像

普段の大会と違ってナショナルユニフォームなので、違った雰囲気でした。

なにはともあれ、開催国としてノーマル・ラージ・団体全てでの金メダル確保おめでとうございます。

【おまけ】
画像
カザフのメンバーがメッチャ喜んでた。2位に食い込んだのが相当嬉しかったのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック